2007年01月14日

医療ミス

最近は医療ミスについての裁判のニュースをよく耳にします。お医者さんや看護婦さんも人である以上、病気の判断ミス、手術や投薬のミス、患者の取り違えなどのミスをしてしまう可能性は誰にもあります。多少のミスがあっても患者や家族にとっては、それがミスであると気付かずに済んでしまうことが多いようです。しかしミスに気付いて指摘しても、難解な医学用語を用いてごまかしたり、認めなかったりするところに問題があります。医者は「先生」と言われる立場上、自分の非は認めたくないからです。動物の場合には人以上に医療ミスが分かりにくいものです。動物が物を言わないからです。不幸にして亡くなったような場合でも、人より命の重さを軽く見られることが多いのも事実です。今日はこんなサイトを見つけました

獣医の医療ミス
posted by やすらぎ5 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療ミス

2007年01月13日

動物病院選びで失敗しないために

東京都の某動物病院ですが、ずさんな診療行為で被害にあわれている方がたくさんおられますので、一度ご覧になってください。

多摩センター動物被害者の会

posted by やすらぎ5 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物病院トラブル

2007年01月12日

物言わぬペットたち

たとえ長く付き合っているペットであっても、病気の時には「ここが痛い」とか「ここが悪い」、「どういう風にして欲しい」などの言葉を発してくれません。動物はもともと、病気になったら、自然の草や土を食べたり、絶食したりして、本来自分で治す能力を持っているものです(私達人間も) しかし、長く付き合っているペットであっても分からないことが多いのに、初めて連れて行く動物病院の先生に的確に判断してもらえるでしょうか。先生に全てを任すしかありません。愛するペットの慢性病などはなかなか気がつきにくいものですが、日頃から良い事も悪い事もよく見ておく必要があります。
posted by やすらぎ5 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月11日

動物病院を選ぶ時

愛するペットが病気や怪我で苦しそうにしていたら、まず思い浮かぶのは動物病院に連れて行ってあげることでしょう。インターネットや電話帳で探して、自分の住んでいるところに近い動物病院を探します。近場の動物病院が1つしかない時には選ぶ余裕はありませんが、もし選べるとしても、正しい判断基準が分かりません。とりあえず電話してみて、決めるのは「感じのいいところ」ぐらいなことでしょうか。同じペットを飼っているお友達の紹介だったら、結構信頼できます。いずれにせよ、選んだ時からあなたのペットの運命が決まってしまうことになります
posted by やすらぎ5 at 19:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物病院の選び方

2007年01月10日

動物病院駆け込み寺を作りました

動物病院の情報を集めていたら、すごいまじめですばらしい動物病院もたくさんありますが、その反対に営利的で命を何とも思わない動物病院があることも分かりました。私はペットの葬祭をしていますが、利用してくださった皆さんから動物病院に関するいろんな情報を教えていただきます。後になって高額な手術料や治療費を請求された話や、不親切な対応、手術ミスや誤診などもよく聞きます。ペットは何も言わないので、こちらがよほどの知識を持って見ていない限りは、真相が分からないまま闇に葬られてしまいます。家族、或いは家族以上の存在であるペットと健康で長くつきあっていける方法を模索していきます
posted by やすらぎ5 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記