2008年02月10日

どうぶつ奇想天外

今日のTBSテレビ午後8時からの「どうぶつ奇想天外-ペットは愛する家族 動物病院・・・命と感動のドラマ」はよかったですね。三重県の南動物病院を舞台にして毎日起こる感動のペット治療のドラマでした。ヨークシャテリアの病状が治療の甲斐もなく残り少ないことを悟った医師は飼い主にありのままの事実を告げて、最後の一日を飼い主と共に過ごすことを提案しました。飼い主が迎えに来て、車に載せて家に帰る時に医師が頭をさげて見送っていましたね。私はこれが一番感激です。自分が手を尽くしたにもかかわらず、延命してあげられなかった。でも飼い主には感謝していただいた。それに対するお礼の気持ちで自然と頭が下がったのなら、すばらしい医師だと思いました。どこかの〜センター動物病院の先生とは大違いです
posted by やすらぎ5 at 22:11| Comment(3) | TrackBack(0) | お役立ち情報
この記事へのコメント
実際にその獣医師に診てもらっていましたが、説明不足で半強制的で最後には突然死でした。
今はやりきれない思いでいっぱいです。
Posted by ゆうすけ at 2008年06月22日 11:17
南動物病院の獣医さんにお世話になりましたジャーマンシェパードのまりんの姉です。脳腫瘍だったのですが、最後まで見捨てる事なくお世話をしていただきました。本当に感謝をしています。MRI検査をした時にはすでに手遅れだったのですが、いろいろな選択肢を教えていただきました。こんな先生に出会えてまりんは幸せです。本当にありがとうございました。
Posted by まりん姉ちゃん at 2008年07月12日 08:08
深くは語りたくありませんが、私はこの病院には二度と行きません。
Posted by at 2008年07月13日 11:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10737921
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック