2008年01月23日

医療ミスかどうかの判断

ペットの怪我や病気が危機的な場合には、動物病院に入院(預ける)する必要もあります。飼い主はその間に付き添うことが出来ません。完全にお任せ状態の空白の時間が出来てしまいます。何かしてあげたいのに何もしてあげられない、飼い主にとっては、とても不安な時間なのです。翌朝になって訃報を聞かされることもよくあることなのです。ペットの状態や治療の経過などを聞かされても実際に見ていなかった訳ですし、何よりもその瞬間にいてあげることが出来なかったことが、最も悔やまれることなのです。獣医さんがとても熱心な方で、最善の治療をしてくださったのなら、納得できます。獣医さんの努力に感謝いたしましょう。しかし、もし仮に医療ミスだったとしても・・・見ていなかったのですから、分かる方法はありません。そういう意味では獣医さんとの信頼関係があれば疑うようなことはないでしょうし、怪しげな獣医さんだったら、後悔するでしょう。獣医さんは動物と飼い主の健康と幸せのために尽くすというのが本来の仕事です。そんな獣医師さんがいたらご連絡ください
posted by やすらぎ5 at 20:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 医療ミス
この記事へのコメント
兵庫県の○○○動物病院で、医療ミスにより猫を殺されてしまいました。
それまで元気だったのに、膀胱に圧をかけて排尿(手によって膀胱を握る)してもらう際に、激しく暴れ泣き叫んで、その後容体急変しました。瞳孔が開き、泡を吹き、自力呼吸もできなくなりました。

膀胱に圧をかけての排尿は今まで3回くらいやっており、自宅でも行っていました。

獣医は興奮して気分が悪くなった、「ここ数日で具合が悪くなっていたのではないか?、こんな事だったら次から排尿させるのが困るわ〜 」等々...
一言の謝罪もありません。

私も見ている前で起こった、事実です。
今後、訴えることも考えています。
Posted by さくら at 2008年10月17日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9918697
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック