2007年11月14日

ペットの安楽死 その1

近年、ペットの寿命は長くなっています。バランスのとれた食事とペット医療の利用率の上昇によるものと思われます。長寿化すると同時に老化による介護を必要とするペットも増えてきました。足腰が立たなくなったり、自分で食事を摂れなくなったり、排泄が思うように出来なくなったりなどの症状が出てきます。家族の一員として今まで過ごしてきた大切なペットですから、介護も一生の付き合いの中の一部分として優しく接してあげることが大切ですが、これが長引いてくると自らの生活のリズムが狂ってしまい、疲れ果ててしまいます。大型犬などの大きなペットになると動かしてあげるだけで重労働で、夜中に吠え続けたりすると、ご近所に対しても迷惑になりますので、起きてなだめてあげたりの生活が続きますと、飼い主も体力的、あるいは精神的に参ってしまいます。大変なストレスになってしまうのですね。ストレスが限界に達すると、「死んでくれたらどんなに楽になるだろう」なんてことが、ふと、頭の中をよぎります
posted by やすらぎ5 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 動物の病気

2007年11月12日

ペットショップでペットを飼う時に

ペットショップでペットを買ってから数ヶ月のうちにペットが原因不明の病気で亡くなってしまうことがあります。特に人気のあるペットの場合には、無理な繁殖で、病気であることを分かっていても売ってしまうような悪質なケースもあります。私はペットの葬祭をやっていますので、このような話をよく聞きます。ペットショップに訴えても「替わりのペットを差し上げます」という対応がほとんどです。この対応は悪くはないかもしれないけれど、欠陥商品の返品交換ではありませんので、もう少し温かい対応が必要です。飼い主にとっては我が子のようにかわいがった愛するペットが亡くなったのですから、「交換しましょう」の一言で済まされる問題ではありません。我が子はたった一つの他に探してもどこにもない存在だったのですから、心の傷はそう簡単には癒されるはずはありません
posted by やすらぎ5 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年11月11日

動物病院について

動物病院にはありとあらゆるペットが持ち込まれます。最近のペットブームで外国から珍しいペットが輸入されるので、おそらく動物病院の先生も知らない、というか初めてのペットだということがあると思います。出来ればそのペット専門の動物病院があれば良いのですが、都市部では猫専門とか犬専門などの動物病院が少数ではありますが、存在します。普通に治るような病気ではない場合には専門医に診てもらった方がよいかもしれません。犬専門とか猫専門などについては調べてみます
posted by やすらぎ5 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年11月08日

動物のガンが増えています

私はペットの葬祭業をしていますので、ペットの最期の姿をたくさん見てきました。動物にはそれぞれに大体の寿命というものがあります。愛するペットとのお別れは辛いものですが、老衰による天寿全うならば飼い主にとっても悔いが残らないのですが、病気や事故などでは、悔やんでも悔やみきれないということがあります。最近は動物のガンが増えてきました。ガンになってしまったら、完治する望みは少なく、かと言って苦しんでいるペットに対して何もしないわけにはいかないでしょうから、精一杯の治療をお願いすると、高度な医療と高額な医療費がかかります。飼い主さんから直接聞いた話ですから間違いないでしょうけど、50万円程度の治療費がかかってしまったなんてよくあることなのです。愛するペットが亡くなったショックと高額な医療費の請求のダブルショックで身も心もボロボロになってしまいます
posted by やすらぎ5 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 動物の病気

2007年05月15日

多摩センター動物病院について

今朝、テレビ朝日のスーパーモーニングで多摩センター動物病院についての放送がありました。これで2回目の放送だそうです。高額の治療費を請求するために犬の気管支にビニールを押し込んで「誤飲」したと偽り、死亡させたり、検査で手術の必要があると偽り、不必要な手術をした上に高額な治療費を請求したり、あまりにもひどい動物病院です。白いモルモットを預けたら黒いモルモットが帰ってきた、なんてことも言ってました。こんなに問題になっていても、いまだに営業しているなんて、とても許されることではありません。法律的には動物が物としての扱いになるからと言って「器物破損」ぐらいのことで済まされるような問題ではありません。「医師免許の剥奪」に向けて警察も真摯に取り組んで欲しいものです
posted by やすらぎ5 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物病院トラブル

2007年04月27日

予防接種は本当に必要か

犬の予防接種には狂犬病と混合ワクチンがあります。狂犬病は飼い犬からの発症はわが国に於いては根絶されているにもかかわらず、毎年の予防接種が義務付けられています。これって変だと思いませんか?製薬会社と国家との裏の関係がありそうです。問題なのは狂犬病の予防接種によって死亡することがあるという事実です。何のための予防接種かと思います。

狂犬病注射で犬が健康を害し死亡している!

狂犬病予防ワクチン注射のからくり 狂犬病予防法は御用済みの悪法だ!
posted by やすらぎ5 at 13:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 予防接種

2007年04月11日

多摩センター動物病院

2007年3月22日付けのニュースでは多摩センター動物病院の獣医師に損害賠償命令の判決が下されました。

獣医師のペットに対する不要な手術に賠償命令下る

不必要な手術でお金儲けをしている実体は被害者の数の多さで分かります。私利私欲のため、そして医者という立場で高慢になることは許されることではありません。獣医師の任務は動物達の救済のためということにあります。動物の命を軽く見るようでは、医師として失格です
posted by やすらぎ5 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物病院トラブル

2007年02月26日

日頃から注意しましょう

ペットが病気になっても自分から言葉を言わないので、なかなか気付きにくいものです。人と同じような病気もありますし、ペット固有の病気もあります。普段からよく観察して病気の初期症状に気付いてあげると治るのも早いですね。病気の症状は次のサイトが参考になります

犬の病気・猫の病気大辞典
posted by やすらぎ5 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(3) | 動物の病気

2007年02月25日

皆の知恵としては

やっぱり「教えてgoo」が強いですね、利用者が多いですからね。「○○地域でのおすすめ動物病院を教えてください」とか質問すると結構短時間に情報が集まります。自分が利用して良かったという情報もありますが、ネットで検索しただけの情報もありますので、必ず本当に役立つ情報かどうかは何とも言えません。情報提供者にはお礼の言葉も忘れずに

教えてgoo
posted by やすらぎ5 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ動物病院

2007年02月12日

動物病院はどこを選べばいいの?その4

掲示板形式のデータベースです、分からない事を質問することもできますし、過去の記事からいろんな情報を検索することもできます

口コミ動物病院データベース
posted by やすらぎ5 at 17:24| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめ動物病院